コンテンツ会長あいさつ栄養士会の概要入会案内事務局からのお知らせ生涯教育制度各職域事業部地域栄養士会研修会のお知らせ栄養ケアステーション賛助会員名簿求人・求職情報関連団体からのお知らせリンク群馬の元気ふーど紹介
トップ >> ぐんまの元気ふーど紹介

ぐんまの元気栄養士・元気ふーど紹介

vol.3 県内の栄養士養成施設

群馬県内には、4つの栄養士養成施設があります。
それぞれに特徴があり、歴史ある学び舎から、毎年管理栄養士・栄養士の卵たちが飛び立っていきます。

高崎健康福祉大学 桐生大学
明和学園短期大学 東日本栄養医薬専門学校

今回は、桐生大学に桐生市の名物や美味しい物を紹介していただきました。 

桐生大学の紹介

桐生市は、山々の緑の稜線に四方をふちどられ、桐生川と渡良瀬川の豊かな清流にも恵まれた地域です。地名の由来は、朝夕たちのぼる霧が転じて「霧生」となったという説と、桐の木がよく生えているので「桐生」となったという説があるようです。また、「織部桐生」と古くからいわれ、「西の西陣、東の桐生」とも並び称され、桐生織物で栄えた地域でもありました。その土地を利用した養蚕が農家や生糸の買い付け人等、織物に関係する人々で町は、活気好き多くの食べ物屋が栄えました。名物にはソースカツ丼、うどん、和菓子、せんべい、アイスまんじゅう等数え切れないくらいありました。

現在の桐生では、養蚕生産者の高齢化、後継者難、生糸産業全般衰退等の中で、放置された桑畑が多く残っています。

そのような状況下、桑園農家より大事に育てられた桑の葉を、独自の製茶技術により“ぐんま製茶さま”が桑茶を製法しました。その茶葉およびパウダーを利用して本学では、クッキー、マドレーヌ、シフォンケーキを作成し、地域のイベントに参加しましたので、ここに紹介させていただきます。

桑の葉クッキー(茶葉タイプ)  桑の葉クッキー(パウダータイプ)

※3本分(1本:約20枚)

薄力粉  300g
上白糖  120g
バター  150g
卵(Mサイズ)1個
茶葉    15g

※3本分(1本:約20枚)

薄力粉  240g
上白糖  150g
バター  150g
卵(Mサイズ) 1個
茶葉パウダー 15g

  

桑の葉マドレーヌ(茶葉タイプ) 桑の葉マドレーヌ(パウダータイプ)

20個分

薄力粉  200g
ベーキングパウダー 小匙1
上白糖  150g
バター  180g
卵(Mサイズ)  2個
茶葉    8g

20個分

薄力粉  200g
ベーキングパウダー 小匙1
上白糖  150g
バター  180g
卵(Mサイズ)  2個
パウダー 6g

     

上記のものは、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車のイベントに協力して、本学が作成した「おたのしみ弁当」と「おみやげ」です。





Vol.4 行政栄養士
Vol.3 県内の栄養士養成施設
Vol.2 利根沼田学校栄養士会
Vol.1 焼きまんじゅう


ページの先頭へ